決め手なんて、無くていいの

成婚退会をした会員さんたちに、毎度お尋ねしているのですが

この人との結婚を決めた「決め手」って何ですか?

一番多い答えが

一緒にいて、楽なんです。
居心地がいいんです。

というものです。

そうでしょうねえ、と納得です。
結婚は2人で歩く、長い長い道のり。一緒にいて疲れる相手では、どうしようもありません。

これが彼氏、彼女なら、相手のどこが好き?と聞くと
優しいところ、可愛いから、かっこいいから
などという答えになるでしょう。

結婚は生活なので、恋愛相手に求めるような、ふわふわした「ときめき」「外見の良さ」だけでは成立しません。

ただ、結婚を決意するのに、決定的な「決め手」というのが必ずあるものかというと
そうでも無いのです。

松田聖子さんが、再婚を決めた相手に
「ビビビっときた」とおっしゃって、話題になりましたね。

会った瞬間の痺れるようなインスピレーションがあるなら、それに越したことはありませんが、それって必要不可欠なものではありませんし、勘違いであることも多いです。

婚活経験者の娘が名言を吐きました。

自分とある程度気が合う人、一緒に生活してもいいかなって思える人は、世界中にたくさんいる。
でも自分が結婚したいタイミングで、そういう人が、自分と同じように結婚の意思があって、自分の側にいるというのは、もう運命と思っていい。
相談所で出会って、お付き合いしている人のことを、嫌じゃ無い、いい人だと思えるなら、それはもう結婚を決めていいと思う。雷に打たれたような「決め手」なんて必要ないよ。

我が娘ながら、いい事言うなと思いました。
私と違って、このシステムでの婚活、成婚経験者なので、色々と思うところはあるのでしょう。

彼女は、我が相談所の心強いアドバイザーとして、スタッフを務めてもらっています。
会員さんたちが、悩んだ時、迷った時、何度も助けてもらいました。

これからも私と彼女と手を携えて、会員さんたちのサポートをしていこうと思います。

と言う訳で

結婚の決め手なんて、無くたって全然いいのよ!!

というお話でした。

出会ったのが奇跡
交際成立したのが奇跡
そして、相手を嫌いじゃないなら
それ以上、しのごの考えなくたって大丈夫ですよ。