オンライン婚活と自治体によるAI婚活

いろいろな事を我慢したり、諦めたりすることの連続だったこの一年、ここに来て、とうとう東京の新規感染者800人を超えたそうで。
これは大変、と思っていたら、夕方結構大きな地震がありました。

無事に年を越せるのだろうか、来年はもっとひどい年になるのかと、心配になりました。

とにかく命さえあれば、なんとかなると思っています。
人間みんな明日のことはわからないけれど、心配ばかりしていたって、何が解決する訳ではなし、自分のできる限りの対策をして、年末年始は大人しく過ごしていましょう。

いつかきっと、なんの憂いもなくいろいろなことを楽しめる日々が戻ってくると信じて。

やはりこうなってくると、お見合いもかなりオンラインにシフトしてきました。

会員さんたちの中には、医療関係者もいて、職場から不要不急の外出、人との接触を避けるようにと通達があったそうです。

どうしましょうと相談されて、これから成立するお見合いは、極力オンラインでやり、すでに交際中の方とも、オンライン飲み会やオンラインデートでとにかくマメにコンタクトを取っていきましょうと話しました。

仲良くなってきたら、外でのお食事じゃなく、どちらかのお家デートもいいと思います。(お泊まりはダメ!)

ドライブデートもありだと思うし、人混みの中へ出かけるのだけがデートではありませんから、いくらでもやりようがあります。

今月末に成婚退会が決まっている会員さんも、お家デートを重ねているし、コロナ禍でも、出会いや交際を諦めることはないです。

不安な時代に、やはり1人ではなく、パートナーと一緒にいたいと願う人は増えています。

こんな状況でも、カップルは生まれ、赤ちゃんも誕生し、人と人が結ばれることはできるのです。

私たち仲人も、やれることを粛々とやりましょう。

ところで

国が自治体に、AI婚活をやらせたいそうで、これまで出会いがないと諦めていた人達にとっては光明となるかもしれませんね。

ただ、マッチングはできても、そこから先に結婚までたどり着くには、なんらかのサポートが必要になるはずです。

実はこのサポートこそが、他のツールと結婚相談所の大きな違いです。

AIでマッチングして、お見合いまで漕ぎつけたカップルも、そこからご縁を深めていくには、幾つものハードルがあります。

条件だけでなく、嗜好や性格などがマッチしても、人間としての相性は、会ってお付き合いしてみないとわからないことだらけです。

相手の喋り方、体臭、仕草のくせ、家族との付き合い方、お金の価値観、人生観などなど、いろいろな視点で、この人が結婚相手としてどうか、と言うのを、デートを重ねながら探っていくわけです。

うちでは、会員さんたちに、お見合いのたび、デートのたびに、報告をもらっています。

どんな人だった?どんなデートだった?
それであなたはどう思った?

こんな所が気になるんですけど、これってどう思います?
と言う相談を、会員さんからよくもらいます。

相手の体型が気になるなら、2人で一緒に運動しましょ、で解決だし。

金遣いが荒いみたいで、あまり貯金してないみたい、なら
それはちょっと問題だよね〜だし。

そういう細かいことをいちいちケアしていくのが、私たち仲人の仕事です。

それをやっていかないと、なかなか成婚は難しいわけで、自治体に、そんな暇と人材がいるのだろうかと思います。

ほとんどタダみたいな料金で自治体はそれをやるそうですが、それが民間の結婚相談所の仕事を圧迫するとは、あまり思えないのです。

入会金から成婚料までふくめた自分たちの相談所の料金が、不当に高いとは思えません。安いものはそれなり、なのは当たり前です。

我々のサポートの対価としての成婚料をぼったくりだと思う方は、そもそも結婚相談所を利用しないでしょうしね。

自治体のAI婚活に絶対負けないと思うのが

私がこの仕事が好きで、システムの優秀さに自信を持っていて、誰かを幸せにするのが楽しくてたまらん、という点です。

だから夜中でも会員さんと電話してるし、年中無休で仕事してます。

出会いさえあれば、あとは自分でなんとかできるという方は、是非是非アプリも自治体のAI婚活も利用してください。

それでダメだったら、結婚相談所へどうぞ。
同じデータベースを使って、同じ人数の人と会える相談所も、料金はさまざまで、仲人さんたちもみんな個性的ですから、是非とも納得のいくまで調べてからおいでくださいね。