自分が幸せにしてあげたい相手を探す

結婚相談所を始めて以来、さまざまな会員さんと向き合ってきました。

若くて、条件の良い人たちは、それほど苦労しなくても、たくさんのお見合いが成立し、どんどん色々な人とお会いして、結婚を決めていきます。

それほど条件が良くなくても、本人の「結婚したい」という意思が強いなら、紆余曲折あっても、最後は運命の相手と巡り合っています。

 

仲人として一番大変なのは

 

結婚への覚悟ができていない人

金を払っているのだから、仲人は自分の言うことを聞くべき、と言う人

自分の市場価値を認められない人

 

他にもいろいろありますが、要約するとこの3タイプです。

 

このタイプの方々は、相談所に来なくても、十分に異性とのお付き合いが可能で(結婚まで行きつかないのですが) 現在の暮らしに不満はなく、好きでもない相手との時間を使うのが、面倒で仕方ない、というように見えます。

 

人はなぜ、結婚したいと思うのでしょう。

現代は多様な生き方が認められており、結婚しないと生きていけない訳ではありません。

 

仲人としては、1人より2人の方が人生は豊かになるし、苦労もあるだろうけど、その分幸せも大きいんだけどな、と発信し続けてますが、それでも、やっぱり結婚に向いてない人はいます。

 

誰かと一緒に生活するのがストレス

自分の稼ぎは、自分1人で使いたい、家族を養うなんてコスパ悪い

自分のペース、嗜好、ライフスタイルに相手が合わせるべき

 

こんな考えなら、無理して結婚なんてしなくてもいいでしょう。

 

1人は不安だから、親が喜ぶから、既婚者のステイタスが欲しいから、今の生活を変えないまま、自分に寄り添ってくれる都合の良い相手が欲しい、と望んでも、そううまくはいきません。

 

お相手にも意思があり、選ぶ権利があるのです。

 

 

自分を幸せにしてくれる相手をみんな探していますが

自分が幸せにしてあげたい相手を探す、と言う視点も大事です。

 

人という字は〜〜

 

などと金八先生のような説教をぶちますがw

 

みんな誰かと支え合って生きています。

夫婦はどちら一方通行の愛情ではなく、支え合い、想いあって、長い人生を共に歩むのです。

 

自分本位の婚活は時間の無駄です。

何で結婚したいのか、どんな生活をしたいのか

自分の覚悟と、自分の望みを、しっかりとイメージして活動してくださいね。

 

それができたなら、相性のいい仲人が、がっちりサポートしていきますから。