ありのままの自分で居られる人

婚活で、より良い相手と巡り会いたい

婚活をしている人なら、誰でもそう願っています。

だからこそ、お相手への条件は、色々と拘りたくなるのです。

でも

より良い相手に選んでもらうためには、やはり

より良い自分にならなくてはなりません。

 

女性なら、もちろんファッションやお化粧、髪や肌の艶にも気を使って、よりクオリティの高いレディになろうと努力します。

男性も、身だしなみに気を配り、女性をエスコートするマナーなども勉強して、素敵なお相手を射止めようとするでしょう。

 

外見はもちろんなのですが、実は話し方というのが、結構重要だったりします。

 

プロフィールの写真で、とても美しい女性を気に入り、いざお見合いに出かけてみたら、とても話し方がガサツで、女らしくなかったので、がっかりしてしまった、ということはよくあります。

男性も女性も同じですが、お見合い中の話で、思いがけず同じ趣味だったり、とても気が合うと、嬉しくなってしまい、ついつい馴れ馴れしい口調になってしまう。

若い男性にありがちなのが、大学生のノリで学生言葉を使ってしまう。

ついつい大声で話してしまう。

友達同士なら問題ありませんが、お見合いの場所では、あまり好感をもたれません。

 

話す内容も大事です。

 

一番やっちゃいけないのが、仕事の愚痴、上司の悪口、元彼元カノの悪口。

ここに何をしに来てるんだと思われます。

そんな話で、相手が愉快になると思うのでしょうか。

お見合いの場では、自分を知ってもらう、相手を知るための会話だということを忘れずに。

 

そして普段から丁寧な言葉遣いをしていない方は、いきなりお見合いの席でだけ、気取って取り繕おうとしても、すぐにボロが出ます。

 

言葉は乱暴、マナーはなってない、身だしなみにも気を使わない

でも、これがありのままの自分だから

それを受け入れてくれる相手が欲しい。

 

ありのままの自分でいるのは、とても楽ちんですが

それを受け入れることを相手に求めるのは傲慢です。

 

婚活は、自分と向き合い、自分の弱さを認め

そして自分をブラッシュアップする絶好の機会です。

 

あなたが理想とする相手に、あなたを選んでもらうために

自分を磨くことを、ぜひ怠らないでください。g